フィトテラピーで冬のケア 冷え対策《後編》

心も体も温めてくれる柚子・マジョラムの精油

フィトテラピーの冷え対策は、前編でお伝えしたような「飲む・食べる」の内用ほかに、精油を使った「塗る・香る」といったアプローチも効果を発揮しますので併せて活用しましょう。

 

「柚子」学名 Citrus junosの精油には血管を広げて血行を促すリモネンという成分が入っているので、手足のマッサ―ジをすれば、すぐにポカポカと体が温まります。³植物オイル3~5mlに精油一滴を加えてマッサージオイルを作るか、お手持ちのクリームと混ぜても良いでしょう。この「柚子」の香りには副交感神経を優位にする作用もあり、とてもリラックスするので就寝前にマッサージするのがおすすめです。「柚子」の香りで心も温まり心地良く眠りにつけます。また、皮をお風呂に入れてよくもめば、成分が溶け出すので、柚子風呂にして全身を温めるのもおすすめです。

体が芯から冷え切ってしまったときは、「柚子」の精油1, 2滴を天然塩大さじ2と混ぜ、洗面器に張ったお湯にいれて、手浴、足浴するのも良いでしょう。塩の成分でより体が温まります。

「マジョラム」学名 Origanum majoranaの精油は血行促進効果で体を温めるだけではなく、精神的にも作用してストレスを緩和してくれます。昼間の緊張が夜まで続き、首、肩、腰が凝っているような時は同じようにマッサージオイルを作って肌に塗布するだけでも効果を感じられるでしょう。

³植物オイルは。スイートアーモンドオイル・ホホバオイルなど好みのものを

植物の自然ぐすりで血流を促し、身体が芯から冷えないうちに早めに対処することは、免疫力を高め健康に過ごすことに役立ちます。その日の冷えはその日のうちに解消して、心と体をポカポカに温めてぐっすり眠れば、翌朝の目覚めが違ってきます。

ハーブやタンチュメール、精油をどこで買ったら良いか分からないという場合にお勧めしたいのが、

『自然ぐすり生活』植物療法士 南上夕佳 著 株式会社ワニブックス 日常生活で取り入れる方法やいろいろな商品が紹介されているのでとても参考になります。

自然ぐすりでセルフケアの達人になりましょう!🍃

免責事項

植物療法は(フィトテラピー)は、日本では医療行為ではありません。ここに掲載されている内容は、植物の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。あくまでも自己責任においてご使用をお願いいたします。使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをおすすめいたします。

森下 ゆり子 Yuriko Morishita

AMPPフランス植物療法普及医学協会認定メディカルフィトテラピスト、ルボアフィトテラピースクール講師

欧米での子育て経験で自然に親しみ、心身のセルフケアをすることで輝きを増す女性の生き方に共感し帰国後フィトテラピーを学ぶ。思春期、妊娠、出産、更年期と幅広い年代の女性の悩みに寄り添う講座を行っている。

ルボアフィトテラピースクール

📞03-5724-5083 (受付時間 火曜~金曜10時~17時)

〒153-0061 東京都目黒区中目黒3-12-5